2010年01月12日

自民の参院選 山崎、保岡両氏は公認見送りへ(産経新聞)

 自民党は8日、夏の参院選比例代表に出馬の意向を示している山崎拓元副総裁(73)と保岡興治元法相(70)の公認を見送る方針を決めた。同じく比例代表の公認を求めている片山虎之助元総務相(74)も来週中に最終判断する。3氏の処遇をめぐっては、参院自民党で影響力のある青木幹雄前参院議員会長(75)の影がちらつく。とくに片山氏について、青木氏は公認を求め、中堅・若手が「70歳定年制」を盾に反対する中、板挟みにあった格好の執行部は慎重に進めていく。

 青木氏は昨年12月25日、大島理森(ただもり)幹事長に「何かあったらお手伝いする。参院自民党がまとまるよう、私も努力したい」と述べた。その一方で「衆院の落選者が参院に来るのは、参院側にとって抵抗感がある」と、山崎、保岡両氏の公認を見送るよう促した。

 ただ、片山氏については、参院幹事長を経験したことや地元の岡山県連も要望していることなどを理由に「山崎氏らとはちょっと違う」として、例外扱いで公認することを暗に求めた。

 執行部は来週、岡山県連幹部や片山氏から意向を聞いた上で処遇を判断することにしている。ただ、青木氏の意向通りに進めれば、党内に強い反発が噴出するのは必至だ。ある幹部は、難しい調整をこう嘆く。

 「山崎氏らと片山氏との『差』を簡単には説明できない。片山氏を公認したら党内政局だ。若手が黙らない」

【関連記事】
あの人に口説かれた?自民目玉“美しすぎる”市議の本音
「一・一ライン」市川氏が公明の常任顧問に
参院選、自民・大島氏「反小沢」のマグマが勝機
谷垣総裁も山崎氏公認に慎重姿勢 自民、70歳定年ルールが基本
山崎氏、国民新から出馬か 参院選へ自民離党も検討

d7aojsdtのブログ
留守犬
ショッピング枠現金化
カードでお金
ライブチャット
posted by f228gdpjyc at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森で民家火災、父と子供?3人の遺体(読売新聞)

 10日午前5時半頃、青森市大野若宮の民家から出火、木造2階住宅をほぼ全焼し、焼け跡から大人1人と子供2人の遺体が発見された。

 この家に住む30歳代の父親と息子2人が行方不明になっており、青森署が身元の確認を急いでいる。

 同署によると、この火災で30歳代の母親が軽傷を負って病院に搬送された。

オランダ語で日本のニュースを読む
バンコク街道
ショッピング枠現金化
現金化
クレジットカード現金化
posted by f228gdpjyc at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。