2010年05月29日

「市議7人に返還請求を」=視察後温泉必要ない―水戸地裁(時事通信)

 茨城県桜川市議ら12人が研修視察後、温泉に宿泊したのは違法として、宿泊代金など約27万円の返還請求をするよう、住民が中田裕市長に求めた訴訟の判決が28日、水戸地裁であった。
 都築民枝裁判長は「日帰りも可能で、宿泊と翌日の行程に公務の必要性は認められない」として、12人のうち市議(当時)7人に計約12万円を請求するよう市長に命じた。市職員5人については「議会の決定を受けての随行にすぎない」として、訴えを退けた。
 判決によると、市議7人と市職員5人は2006年4月、埼玉県小川町で研修視察の後、桜川市とは反対方向の群馬県安中市の磯部温泉のホテルに宿泊。コンパニオンを呼んでみだらなショーを見学した。 

【関連ニュース】
証拠文書の映像欠落=誤ってデータ消去か
弁護士に退会命令=依頼放置、借金も未返済
マンション代金、全額返還命じる=耐震偽装で販売会社に
沖縄密約訴訟、国が控訴=文書開示命じた判決で
二審も市民団体敗訴=県議の海外視察金返還請求

<口蹄疫>牛に対するワクチン接種始まる 3市3町で実施(毎日新聞)
笑いはストレス軽減 吉本興業や江崎グリコなどが実証(産経新聞)
民主・小林千代美議員辞職へ、違法献金で引責(読売新聞)
EPA介護福祉士候補者向け「日本語学習用Web辞書」公開(医療介護CBニュース)
小沢氏側が上申書検討、検察審に異例の「潔白」主張(読売新聞)
posted by f228gdpjyc at 03:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。